マイカーローン審査に通過して車をローンで買う

車を買うためのお金を借りるローンであるマイカーローンは、利用のためには審査に通過をしなければなりません。申し込みをしてローン会社や金融機関の審査基準で判断がされ、問題なしとなればローンの利用ができる、つまり車が買えるようになります。

 

しかし、申し込み状況によっては審査に通らない、ローンが利用出来ない可能性もあり、マイカーローンの利用が出来ないとなると車が買えないことになってしまいます。

 

 

どうしても車が必要なのに買えないとなると大きな問題が発生しますので、マイカーローン審査で重要となる点、重視される部分を事前に知っておくと良いでしょう。

 

マイカーローンでは年収が審査に影響

低水準の金利を期待して、マイカーローンを申し込む人は多いでしょう。しかしご利用には審査の通過が大原則であるため、全ての方が融資を引き出せるのではありません。審査はその後のご利用を決めてしまう大事なポイントですので、心してかかりましょう。

 

マイカーローンの審査で重要になるのが年収です。これは単に、年収を沢山得ていればよいという意味ではありません。年収が重要となるのは、年間の返済総額との関係においてです。審査では、一年間に支払う返済金額の合計が、年収の4割を超えるかを調べます。

 

年収の4割を超える支払いを必要とする場合には、利用者にとってかなりの負担になるでしょう。返済の負担が大きくなれば、企業側のリスクも高まります。企業が安心して貸し出しを行えるかどうかは、年収の4割という基準で判断するのです。年間のローン返済総額が基準を下回る人は、優遇を受ける形で審査を通過できるでしょう。企業に上客とみなされた利用者は、通常時よりも低めの金利が予定されます。

 

ちなみに、年収と年間の返済総額の関係を審査で調べる際は、マイカーローンの支払いだけが基準となるのではありません。他にもローンの支払いを抱える人は、それも考慮された上で、先程の基準を下回る必要があります。

 

基本として安定した収入が必要

ディーラーで組むローンにしても金融機関のマイカーローンにしても、安定した収入は必須となります。主婦の方が自分の車を買うとしても配偶者が保証人になる、または契約者となる場合がほとんどのため、やはり安定した収入が求められているのです。

 

どこのローンを組むにも基本中の基本となりますので、ディーラーにしても販売店にしてもマイカーローンの仮審査を受ける際には収入を今一度しっかりと確認をしておいてください。

 

意外なマイカーローン審査落ちの理由

マイカーローンに申込んで審査を受けたら落ちてしまったが、理由がよく分からない場合もあります。正社員で年収も比較的高くて条件面で特に問題はないと思っていても、意外な原因で審査落ちしてしまう場合もあります。

 

例えば自分の条件に問題はなくても同居する家族の中に信用情報に問題があって、ブラックリストに名前が掲載されている場合はローン審査に落ちてしまうことがあります。また親子兄弟や親しい友人などの保証人や連帯保証人になっていると、借入限度額を超える契約となりローンを組めない原因となります。

 

最近はカードローンやキャッシングを利用している人はたくさんいます。カードローンはリボ返済契約で、キャッシングは翌月一回払いが原則です。借入や返済に特に問題がなくても、実はマイカーローン審査で不利になる場合があります。審査では勤務先も重要視されます。正社員でも離職率の高い職種の場合は審査に不利になります。思わぬ理由で審査落ちしないためには申込先をよく検討する必要があります。

 

マイカーローンの審査基準は、各銀行や金融機関ごとにかなり幅があります。同じ条件の人でも申込先によっては審査通過できたり審査落ちしたりと、結果に差がでてしまうのです。最近は申込前に審査通過の可能性の目安がわかる5秒診断のサービスを提供する銀行なども増えています。審査に不安のあるときは、是非この簡易診断で試してみることをお勧めします。

 

審査に落ちないためのローン選び

審査は受けてみないと分からないのですが、簡単な診断が出来るマイカーローンを利用するなどすれば、いくらか申し込みもしやすくなります。どこの金融機関が診断を設けているかなどはマイカーローンランキングサイトでも確認が出来るので、求める条件、手続きで進められるマイカーローンを選んでください。